« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »

2015年2月

2015年2月22日 (日)

Gospel Song  ゴスペル・ソングを ご一緒に 歌いませんか

キャンドル・ナイト プレイヤー (Candle Night Prayer) へのお誘い。

キャンドルを灯し、ゴスペル聖歌隊 ディヴァイン・トゥリニティとサンデー・スクールの生徒と共に、キリストの平和を求めて歌い、祈ります。

日時: 2015年3月15日(日) 18:00-20:00

場所: カトリック目黒教会  主聖堂

プログラム:
   1)ワークショップ・・・18:00-19:00 ゴスペル・ソングを習う。
                指導: ギルバート・エスピネリ先生

   2)キャンドル・ナイト・プレーヤー・・・ 20:00まで ワークショップで習った歌を歌いま す。  聖書朗読、共同祈願、レオ神父様のおはなし。ゴスペル聖歌隊 ”ディヴァイン・トゥリニティによる歌。

Line_2

これは、目黒教会英語ミサ共同体サンデースクールの生徒のために行われる「イースターに向けての心の準備の集い」の一部ですが、どなたでも参加できます。

歌唱に加わりたい方は、事前に歌詞を差し上げますので、下記へご連絡ください。

    携帯SMS 090-1239-2421 (佐藤)(目黒教会・英語ミサ共同体)

2015年2月19日 (木)

講演会: 「沖縄東村高江からの叫び」 を聞いて

_2 去る215日に沖縄県東村、高江で暮らし、ヘリポート建設に反対して座り込みの活動をしておられる、伊佐さんにお話を伺うことができた。

そこで彼女が語った沖縄のこれまでの経緯と現況を分かち合いたいと思う。

 1995年沖縄で米軍兵による、少女暴行事件があった。ところが
日米地位協定の取り決めによって、実行犯である3人は日本側に引き渡されなかった。その事実に、沖縄県民の反基地感情及び反米感情が一気に爆発し、アメリカ軍基地の縮小・撤廃を要求し始める。県民は10万人規模の集会を実施した。

しかし国は、県民の意思を無視し、さらに辺野古へ新基地を建設が決定した。東村高江のヘリポート建設においても然り。村民は、反対決議を2度も行ったにもかかわらず、村長はその決議を「無視」し、容認した為、2007年工事が始められる。
Photo
それと並行し、住民は国に、暮らしの変化について再三、質問するが、国は、あくまでも建設を前提とした「説明」を続ける。また「オスプレイは飛ばない」と嘘さえついた。

その状況を受けて、住民は仕方なく最後の手段として、「自然と自分たちの暮らしを守りたい」と座り込みを始めた。

非暴力な行為にも関わらず、国は、「米国と日本の重要な取り決め、および国民の生活を守るための大切な事業を邪魔する不届きな者」と裁判に訴える旨の通知を送りつけた。

そして裁判では、代表者の一人、伊佐さんの夫が、「ゲート前に立ってはいけない」と実刑判決を受けた。要するに国に反抗すると誰しもこうなるぞと脅す、見せしめの為の裁判である。

 沖縄県民は、一貫して軍事、基地の縮小を求めてきたが、国はその声に耳を傾ける事はなかった。

悲しいかな、むしろ米軍にとって好条件の普天間から辺野古への基地移設を推し進め、1兆円と言う建設費も職員の給与も「思いやり予算」として負担している。
_1_2
更にヘリポートがやんばるの森に建設された場合、そこで米軍は戦争さながらの実地訓練行う。当然自然への影響は否めない。また現場には県民の為の水源ダムが4つある。

訓練において枯葉剤が撒かれた過去の体験から、日常生活が脅される事は、容易に予見される。更にヘリポートに配属されている海兵隊員は、米軍の中でも身分が低く、戦場にまず初めに乗り込む「殴り込み部隊」。

過去の戦争(ベトナム戦争や湾岸戦争など)でも沖縄で最終訓練を終えた兵士が、現地に向かった。

それ故、伊佐さんは言う「ヌチドゥ宝(命は宝)です、沖縄の自然や、子供たちの命だけではない。兵隊さんの命も大切。だからここを戦争に行くための訓練をし、送り出す場にしたくない。間接的に殺し合いに加担したくない。」と。



 お話を伺いながら私は呆然としてしまった。これほどの不正義が実際に行われているのか。

沖縄の人々は、真摯に想いを発信しているのに、国に裏切られ続けている。さらに民意に則って、選ばれた知事に、安倍首相は会う姿勢すら見せない。権力任せの大人の「いじめ」なのではと思ってしまう。

「対話」は見られず、一般市民が被害を受けようとも厭わない政府、恐ろしいと感じた。福島原発の被害者も然り、今の政府は政策の邪魔になる存在は、どんどん切り捨ていく様子にもはや他人事ではないと思った。

せめてもの救いと伊佐さんが2つだけ良いニュースとして伝えてくれたことがある。

それは、シスターズリレーを通して、人々が現地を共に座り込む為に訪れ、色々な援助がなされ、彼らの大きな支えとなっている事と現在に至るこの半年間、工事の作業がなされずに済んでいる事だ。

地理的に遠い東京に住む私には、現地に赴き、ともに座り込みを行うことは難しいかもしれない。けれどせめて沖縄に住む、彼らに心を向け、祈り続けていきたいと感じた。(T.E)_3

2015年2月16日 (月)

子どもの楽園  「かずさ子どもの家」

先日もまた、私たちの会員、Nさんの使徒職の場である「かずさ子どもの家」へ行ってきました。


初めて「かずさ子どもの家」を訪れた時、まるで「グリとグラ」の世界のようだなと思ったことを思い出しました。
Img062

庭には、野原のように草花が咲き乱れ、ブランコがあり、お砂場があり、タイヤがブロックのように並んでいます。
そこを子どもたちが元気にかけめぐっているのです。

現在もこんな子どもがいたの?と思うほど、どの子もみんな素朴な子どもらしい顔をしています。
Img063

建物に入るとそこは普通の家で、そこに1歳から4歳の子どもが、4,5人から7,8人の人数で、家庭の延長のような雰囲気でした。

ここはモンテソリーの家なので、「お仕事」ですよと言われると生き生きと嬉しそうに2階の「お仕事」の部屋に上って行き、しばらくするとその「お仕事」の成果を持って 嬉しそうに降りて来るのですが、その時の子どもたちの顔は達成感と満足感で輝いて見えます。

おやつや食事の時は小さなテーブルのまわりの小さな椅子に腰掛けてお祈りをしてImg064 楽しそうに頂いています。お祈りが終わると1歳児も自分のコップとお皿を所定の所に片づけます。

一人ひとりに合わせたプログラムを楽しく過ごしている、まさに子どもの楽園でした。

「かずさ子どもの家」の環境は自然に恵まれてまわりに田んぼや林もあるので、鳥や虫や蝶や花に触れ観察もできます。

また稲の生長、農家の人の仕事ぶりを見る事が出来ます。

また大切にしていることは平和教育で、先生が子どもたちにやさしく丁寧にかかわると、子どもたちもお互いにいたわりの心が育って来ているようです。

たとえば、1歳9カ月のKくんの成長は目を見張るものがあります。初め来た当時は、やっと立ち上がり一歩一歩よろよろ歩いている状態でした。それが今ではお散歩の時はお姉さんお兄さんと一緒にあたりを見まわしながらテントウ虫がいればじっと観察をし、白梅が咲いていると梅の花を愛でる。お弁当はといえば、まだやっと1歳なのに幼稚園児位のお弁当箱で、一人でこぼさずスプーンで食べます。

また先生のやることを、見ていて鼻汁を出す‶お兄ちゃん〟にティッシュを差し出し、ママから離れられずメソメソしている〝お姉ちゃん〟の頭をなでて慰める。遅く来た子供をいち早く見つけて玄関にお迎えに行き「いらっしゃい」の挨拶に小さな頭をちょこんと下げる・・・。

子どもの楽園「かずさ子どもの家」のKくんがこれからどんなふうに育っていくのかみんな楽しみにしています。(FM

2015年2月15日 (日)

10 Things you gain by entring Religious Life by Sr. Shannonn

”Wake Up to God"というサイトに載っていたアメリカの聖ヨゼフ修道女会(フランシスコ会系)のSr.シャノンの記事をご紹介します。

10 Things You Gain By Entering Religious Life

–by Sister Shannon Fox, SSJ-TOSF

Sr. Shannon FoxI recently read an article that listed 10 things you have to “give up” upon entering religious life.  The article was written in a hurtful and sarcastic tone and failed to capture the spirit and joy of being a religious sister.  As with any life choice, there are sacrifices you make when you join community.  Some sacrifices are easier than others, but I have found that the sacrifices I make help me to be a better person.  They have left me free to live out my vocation.

 

There are many things I have gained in the process of living out my call as a Franciscan. In that spirit, I thought, it would be appropriate to list 10 things that you gain by entering religious life. This is my own personal experience in community and does not necessarily reflect the experience of other women religious. I thought this was important especially with this being the year for consecrated life.

 

10.  Opportunities for leadership – Let’s face it, when opportunities for women were fewer, sisters were some of the first female CEO’s and have been running schools, hospitals, non-profits and all kinds of other organizations for years.  This is in addition to managing the affairs of their own congregations at the same time.  As a young sister, there are plenty of opportunities to hone your leadership skills both within your congregation, your ministry, and community sponsored institutions, if you take advantage of them.

 

9. Encouragement to be your best self – In my experience with community, my sisters expect the best from me.  They do not expect perfection, but they really want me to give all aspects of my life its due attention.  If I’m not contributing to community the way they think I am able, they will call me out on it, and ask me what’s going on.  They won’t settle for me coasting by or giving less than my best.   They also support me if I’m struggling or going through a rough time, so I am my best self.

 

8. Support Network – As a sister, I have a huge support network available to me when I need it.  If I need spiritual support, ministerial support or just need someone to talk to or share my day with…the sisters are there. Since I met my community, they have seen me through deaths in the family, car accidents, entering the field of education, and all kinds of trials and tribulations in my life.  I am also expected to be a part of that support network for other sisters.  I learn so much and they have taught me so much about a true sisterly bond that I am able to pay it forward every chance I get.

 

7. Mentors – The sisters in my community have accomplished so many incredible things; founded nonprofits, run schools and school systems, hospitals, served as executives and served the poorest of the poor overseas just to name a few.  I am so blessed to be able to know these women, and to be able to look to their example as I try to become the woman I believe God is calling me to be.  Having good mentoring is so critical to success in life.  As a religious sister, there is no shortage of accomplished women I can look to.

 

6. Freedom to not just work for the paycheck - Out in the secular world, people must make decisions about where they work partially based on being able to earn a certain income.  Even if they are unhappy, financial obligations, insurance plans or other circumstances may drive them to take or stay in a job that is unfulfilling.  As a sister, I am encouraged to find a ministry based on where I feel God is calling me to serve, and where I can use my gifts the best. The financial aspect of the decision is low priority in the discernment. This is not to say our ministries are easy, we often work with the most vulnerable individuals in society who often require a lot of our physical, emotional and spiritual energy, but my experience has been that my vocation provides me with the balance and stability that I need to be an effective minister.

 

5. Time to do what’s important to you – Being called to be a sister leaves one without the demands of starting a family.  We have the time to balance our lives with ministry, friends, prayer, reflection, and even hobbies.  There is also the opportunity and responsibility to make sure you take time for prayer and retreat.  Our rules for religious life often call us to ensure we have a balanced life with work, prayer and recreation.  In my lived experience as a sister this call to balance has been invaluable in enabling me to be effective in ministering to those around me.

 

4. Sense of self – Part of our formation programs call us to look at ourselves, our struggles, our gifts and our relationship with God.  All of these things help us to discern what God is calling us to in our lives.  Having gone through my initial formation program, I have a better sense of who I am and who I am being called by our creator to be.

 

3. Quiet time – We are asked and encouraged to take the quiet time to pray and reflect.  In the silence we can hear the voice of our creator gently loving us and calling us.  One of the benefits of my vocation is that after an especially noisy or busy day, I can take the quiet time to de-stress and reflect on the day.

 

2. Prayer life – This may seem kind of obvious, but one of the biggest things I have gained by entering religious life was a deeper prayer life. Not only was I given classes on prayer and theology, but I was also gifted with a yearlong novitiate experience that proved to be the foundation of my prayer life.  Novitiate is a year of prayer and study that is set aside for all new sisters as they begin their religious life.  Since novitiate I have had the opportunity to take yearly retreats were I can focus on my spiritual development and relationship with God.  I also participate in community prayer that helps to bond and ground us as sisters and deepen our communal relationship with God.

 

1. Sisters - The biggest gift of my religious profession has been my sisters. They nurture me, support me, challenge me and love me.  We are there for each other throughout all of life’s ups and downs.  When I graduated with my master’s degree, they were there cheering me on.  When beloved members of our community have passed away we have cried and reminisced together. In short, we share our lives with each other, and we are richer for it.

Mebae_n

2015年2月11日 (水)

からし種の花

2013年の秋、イスラエルからのおみやげに、聖書で有名な「からし種」を指一つまみほど、ティッシュ・ペーパーに包んで頂きました。
61
私は、この種を育てることができなかったので、友人に託しました。

「このちっちゃな種はからし種です。ぜひ、土に蒔いて育ててください」

それから半年、2014年春、友人から写真が送られてきました。

友人Kさんが蒔いて育ててくれた「一粒のからし種」

こんなに花が咲いて、種をつけてくれました。


『天の国はからしだねに似ている。人がこれをとって畑に蒔けば、どんな種よりも小さいのに、成長するとどの野菜よりも大きくなり、空の鳥が来て枝に巣をつくるほどの木になる』(マタイ13章31-32節)





『神の国はからし種に似ている。

人がこれを取って庭に蒔くと、成長して木になり、その枝には空の鳥が巣をつくる』(ルカ13章19節)

2015年2月 1日 (日)

『思う』 と 『考える』

1月31日(土)の朝日新聞Bページの「ことばの食感」というコラムに、中村明氏が ≪「思う」と「考える」≫という題で面白いことを書いていました。

≪面白い≫と思ったのは私がまさに、いつも、思い考えていたテーマだったからです。中村氏は私の中にあったモヤモヤをすっきりとさせてくれました。

ここに、新聞から抜粋・引用させていただきます。

「私はそう思う」は「私はそう考える」とどこが違うのだろうか。

「思っている」はあることを心に浮かべている状態を連想させるが、「考えている」なら、それが正しいと思っている場合だけでなく、まだ考慮中で結論が出ていないという意味にもなる。

(…)「思う」は心に瞬間的に浮かぶ情緒的な判断をさし、一方、「慎重に考えて結論を出す」とか「よく考えてみると」といった例では「思う」に換言できないことから、「考える」のは頭である時間をかけて行う理知的な思考をさすようだ。

伊伏鱒二の「鯉」という小説に「不安に思ったが、しばらく考えた後で」というふうに「思う」と「考える」が続けて出てくるが、それぞれの動詞の置き換えが利かない。

(…)「思い」が心に瞬間的に浮かんでくる希望から決意までの主観的な思い入れをさすのに対し、「考え」はそれを具体化する段階の思考内容をさす。(…)」


ここに載せる写真は、ベトナム中部の小さな教会の裏庭にあったイエス像です。とても珍しい”かたち”の像だと思ったのでカメラにおさめました。

この像の銘は「主よ、私について何を考えていらっしゃるのですか」(直訳)です。

Photo

私も尋ねたい。。。

主よ、あなたは私についてなにを思い、何を考えていらっしゃるんですか。

« 2015年1月 | トップページ | 2015年3月 »