トップページ | お水が笑ってる »

2008年8月 1日 (金)

このブログを作ったわけ

もう、ずうっと前のことになります。

山内修一さんという方の《松原湖畔にて》というゴスペルフォークに出会ったのです。

ご存知の方もあるかもしれませんね。

          松原湖畔にて 朝

          イエスさまと出会いました

          愛に満ちたまなざしで

          シャロームといわれました

          イエスさまを知った

          喜びは忘れられない

          

          イエスさまのことを

          歌わずにはいられない

          松原湖畔にて 午後

          イエスさまと歩きました

          松の木陰に休んで

          声あわせ うたいました

          松原湖畔にて 夜

          イエスさまと語りました

          しずかなやさしい声で

          友と呼んでくれました

          湖の岸辺に 今日

          友だちよ でかけましょう

          しずかな祈りのなかで

          イエスさまと おあいしましょう

この歌を作った人は松原湖畔でイエスさまと出会いました。私だったらどこでイエスさまと出会うんだろう、と思いました。

私の《松原湖畔》は 家庭? 職場? 教会? 学校? 友達と一緒にいるとき? 共同体? 道を歩いているとき? 電車の中? 

私にとってイエスさまと出会える親しみを感じる場所の名前と言ったら「ガリラヤ湖」がすぐ心に浮かんだので、イエスさまと出会える場所 という意味で《私のガリラヤ湖》というブログの表札をつけてみました。

イエス様はいつも私たちのそばにいてくださるのに、私たちが気がつかない時が多いんだと思います。

イエスさまと出会える(出会っている?)ガリラヤ湖を見つけたいと思います。

これを読んだあなたも、自分のガリラヤ湖を見つけたら、ぜひ、分かち合ってください。

イエス様との出会いを 今日も・・・

  

トップページ | お水が笑ってる »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: このブログを作ったわけ:

トップページ | お水が笑ってる »