« ベトナム縦断 | トップページ | 夢だったカ・マウ行き (1) »

2009年9月 1日 (火)

台風一過、いろいろな考え

台風11号が去りました。皆様のところでは被害はありませんでしたか?

昨日は大雨と大風で一日家に閉じこもっていました。午後からは「涼しい」を通り越して「寒い」とまで感じられる陽気だったのに今日はまた、30度を越える一日になりましたね。

今朝、ミサに行くために家を出たとたん、目に入った玄関先の草花、道路においてあるいくつかの鉢植えの緑があんまり輝いていたので、つい立ち止まって見惚れてしまいました。

水に乾いて、色褪せていた葉っぱの緑が昨日一日降り続いた雨のおかげですっかり潤いを取り戻し、葉っぱの厚さまで増したように見えました。

その美しく変身した草花を見て、つい先日、渇きを訴えていたように見えていた草花について一人の姉妹が、「私は草木には水をあげない。」と言ったことを思い出しました。

Abutilon_11 彼女いわく、「私がいたところ(西アフリカ)ではその草木にやる水で人が死からすくわれるのよ。」ということでした。

驚きました。

乾いた砂漠でカラカラになった体を横たえて水を待っている人々の悲惨な姿は写真でしか見たことがない私です。

でも、彼女は違います。毎日毎日このような悲惨な姿を目の当たりにし、看護師なので、彼らの診療にもあたっていたのです。

ですから、この言葉を聞いた時、その言葉にずっしりとした重みを感じました。

そして、何ともいえない悲しさも。花のために、人類のために。 

« ベトナム縦断 | トップページ | 夢だったカ・マウ行き (1) »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 台風一過、いろいろな考え:

« ベトナム縦断 | トップページ | 夢だったカ・マウ行き (1) »