« 3ヶ月間のいのち | トップページ | 何なんでしょう?このほのぼのとした温かさは。 »

2009年10月31日 (土)

出会いのふしぎ

Maria_vn_r 最近、不思議な体験をしています。

「出会い」です。

今年の夏ベトナム旅行をしたときに出会ったPMさん。この秋に留学するので、その時にはよろしく、というものでした。

すでに以前日本には留学生として来たことがありますが、今回は肢体不自由児のためのリハビリを勉強するために筑波大学の奨学金を得ての留学でした。

9月に入って、PMさんから一度「日本に着きました。落ち着いたら会いたいです」というメールを受け取りましたが、返事を出しても連絡なしで少し心配してました。

9月終わりごろ、Lさんという日本在住40年というベトナム人の男性(この方との出会いも不思議なことです)から、「ベトナムから音楽家のHPさんが来ていますよ。」という連絡が入りました。そして、「姪のPMが来ています。時間があったら事務所まで遊びにいらっしゃいませんか」というお誘いです。

その日は都合が悪くてLさんにも、PMさんにも会えませんでしたが、その時はPMさんて誰なんだろう、とPMさんとLさんの関係が分からなくてそのままになっていました。

10月に入って、ちょっと時間があったのでLさんの事務所に電話して、「今からちょっとお邪魔してもいいですか」と聞いたら、女性の声で「Lさんは出張ですが、よろしかったらどうぞ」ということだったので、図々しくもLさんの事務所にお邪魔しました。私のところから歩いても15分かからないところなのです。

待っていてくださったのはMさんという女性で、Lさんの奥さまでした。

私とLさんがどうして知りあったのかを話しているうちに、Mさんの口から、PMさんの名前が出ました。

このときは、直感的に私がベトナムで会った留学するはずだったPMさんのことだと思って確認したらなんと「その通り!」でした。

驚きましたねぇ。

いま、PMさんはLさん、Mさん夫妻の家にお世話になっているということでした。

そもそも、わたしがLさんのことを知ったのは、10年以上も前のことです。ベトナムで知り合ったTさんのおじさんだったのです。

Tさんが「私のおじさんが日本にいる」と話してくれたのです。そのおじさんがLさんでした。

Lさんは、日本で、日本人のためのベトナム語の本も出版していました。私も勉強したくてその本を買い、奥付のところに書いてあったLさんの会社の名前がどういうわけか記憶に残っていたのですね。

Lさんに直接会ったのはつい、2、3年ほど前です。ある会合でのことでした。名刺を渡されてそこに書かれていた会社の名前を見てすぐ思い出したのです。

Lさんに確認したらすべてがつながりました。Lさんとのお付き合いはその時からです。

あの頃まだ20歳ぐらいだったTさんから始まって、10年以上たってここにPMさんが登場。ぜ~んぶ同じ家系の中でのつながりというのも不思議な感じがします。

Tさんは、Lさんの家族の方、PMさんはMさんの家族の方。

先日、PMさんとの再会がやっと果たせました。

午後いっぱい、積もる話に時間を忘れて話し込み楽しい、懐かしいそして不思議な時を過ごしました。

日本語では「世間は狭いものですね」といいますが、今回は、「世界は狭いですね」が合言葉でした。。。

こんな身近な「出会い」を通して、あらためて「今、ここに、私が在る」神秘を感じました。

だって、ある年、あるところで私が生まれて、、、以来、今日にいたるまで私のまわりにどんなにたくさんの出会いがあったことでしょう。その出会いひとつひとつが、「今の」私を作っています。今の私に存在を与えてくれています。

とても神秘的なものを感じます。私を超えたものが私を導いてくださっている。。。すべて「出会い」を通してですね!!!

どんな出会いにもそこには「愛である神」が働いていらっしゃることをつくづく味わったことでした。

« 3ヶ月間のいのち | トップページ | 何なんでしょう?このほのぼのとした温かさは。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 出会いのふしぎ:

« 3ヶ月間のいのち | トップページ | 何なんでしょう?このほのぼのとした温かさは。 »