« 新しく… | トップページ | ふあ~っと 温かく・・・ »

2010年4月18日 (日)

4月の雪

びっくりしました。

Snowin4

朝、ミサに行こうと思って玄関を出たら小さな花壇が白いものに覆われているではありませんか!

確かに前晩の天気予報では関東地方もひょっとして平野部でも雪になる、と言ってましたが。。。 どちらかと言えば都心に近いここで、白いものを見るとは思ってもみませんでした。

窓のカーテンを開けて外を見たときも、すでに溶けかかっていたのでしょうか、道路は濡れているだけのように見えていたのですが、歩き始めたらまさに雪解け道で、足元が滑りそうで怖かったです。

40何年ぶりかの「4月の雪」とか言われますが、また、ある学者によればこのような現象は、何百年かに1回ぐらいはあるのだそうです。そうしたら、そんなに《異常》ではないのかもしれません。私たちはほんの100年に満たない寿命しか持ってないので何百年という単位で「物事」をとらえていませんから・・

それにしても、世界中で何かが動いているような気がします。世界中を動かしているのはもちろん創造主である神様でしょう。

救い主イエス様は復活して、私たちのすぐ近くにいてくださいますが、それにどのぐらい気が付いているでしょうか、意識しているでしょうか。イエス様が、とても控えめに私たちに「気付く」ことを待っていらっしゃるような気がしてなりません。

神である主は、手をのばして、私たち一人一人の手を握ってくださっています。その手を握り返すか、振り払うかは私たちにかかっている行為でしょう。

八百屋さんに行って野菜や果物の値上がりに驚きますが、私たち人間の勝手さを考えたら驚くことではないのですね。世界中で起きている天災・人災の多さも、神様の「忍耐」のしるしのような気がしてなりません。

« 新しく… | トップページ | ふあ~っと 温かく・・・ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事