« 「白鳥」との再会 | トップページ | 祈り »

2011年8月30日 (火)

「時はゆったりと流れ」 ~ 喜びと感謝

日の経つのが早くて、今頃書くのが恥ずかしいような気分ですが、やはり書きたいので書きます。

8月14日(15日の聖母被昇天祭を繰り上げて)に、わたしたちの姉妹KSさんの誓願50年のお祝いをしました。

Dscn27541

KSさんのこのお祝いは、ただKSさんの誓願50年だけでなく、わたしたち日本人会員の中でも初めてのことだったのです。

当日の典礼の式次第の裏表紙に創立者のことばが印刷されてます。Dscn27551

“時はゆったりと流れ、神のみ旨は少しずつ実現されます“(ド・クロリヴィエール神父)

KSさんがわたしたちの修道会に入会したいと思ったときにはまだ日本に存在していなかったので単身ヨーロッパへ旅立ち、全く知らない国の知らない人たちばかりの共同体に飛び込んだのです。

その頃の話を聞くときはいつも、襟を正さないと聞けない気持ちになります。信仰と信頼だけの道だったと思います。

フランス語が少しわかりかけた時に出会った創立者のこの言葉が心に残り忘れらなかった、そして、その通りに実現された、と言ってました。

山あり、谷ありの50年だったかもしれません。でも、神さまは忠実にKSさんと共に歩んでくださったことがこの日、わたしたちにはっきり示されました。

Dscn27531

              喜びと感謝        愛と感謝

« 「白鳥」との再会 | トップページ | 祈り »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事