« 「時はゆったりと流れ」 ~ 喜びと感謝 | トップページ | 不満 »

2011年10月18日 (火)

祈り

ただ   頭を垂れて  座ってました。

重い頭をかかえ、落ちつかない心をたずさえて  すわりこんでいました。

何も聞こえません。

何も見えません。

聞こえるのは  わたしを囲んでる  静寂  だけ・・・

時折、ピィピィとさえずりながら飛んでいく小鳥の声が聞こえます。

時折、大きな木の枝を揺らしてかすかに葉をすり合わせる風の音が聞こえます。

こんな静寂を聴いていたら、重い頭も、落ちつかない心も、少しずつあるべき場所に戻っていくようです。

少しずつ、少しずつこの「わたし」という存在に光を照らしてくださっている神さまを感じられるように思いました。

そして、神さまの光と共に「わたし」は少しずつ輝きはじめ、うっすらと希望が与えられるように感じました。1

« 「時はゆったりと流れ」 ~ 喜びと感謝 | トップページ | 不満 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事