« 依存症の恐さ  | トップページ | こんな帰宅も »

2011年11月24日 (木)

ダン・バウの進化(?) 変化(?)から考えたこと

ベトナムの伝統民族楽器であるダン・バウは、世界中探してもベトナムにしか見当たらないといわれる非常に興味をそそられる楽器です。

その楽器に魅せられてしまった一人の私。

今年、ベトナムを訪問して、恩師を訪ねた時に思いがけないことを聞きました。

新しいダン・バウができた、というのです。

これにはいわれがあります。

10年ほど前に、譲り受けた「日本のひょうたん」で作られたダン・バウ(仕様)の楽器をホーチミン市の伝統楽器博物館へ寄贈したことがきっかけでした。その時に受け取ってくださった館長さんがこのひょうたんダン・バウに触発されて、電気を使わないダンバウの改良を考え付いたそうなのです。(現在のダンバウはアンプを使用する楽器です)

新しい試みとして、胴体部分を大きくしたこと、駒をつけたこと、胴体の下に小さい穴をたくさんあけたこと、それ以外、例えば楽器そのものはダン・バウと同じ材料を使っています。

マツと桐です。そして、バーは水牛の角をそのまま使用しています。

最初の写真は伝統的なダン・バウ。ベトナムの伝統・誇りとして消えることはないでしょう。

R

これが、ひょうたんダンバウです。大きな、また適当な形状のひょうたんをよく見つけたものだと思います。弦は、1本ではなく複数使っているのが特徴です。バーの部分は竹を使っています。

                     Photo

そして、これが最新の電気を使わないダン・バウです。

3141

形状も美しく、音色も「琴」からヒントを得ただけあって従来のダンバウをアコースティックにしたよりずっと音が響きます。

 

    3081

                 このダンバウの製作者です。

「真・善・美」を追求していく心に終止符を打ちたくない、と心が揺さぶられた午後のひと時でした。

3191     

« 依存症の恐さ  | トップページ | こんな帰宅も »

音楽」カテゴリの記事