« 『わたしだ。恐れることはない。』(マルコ6・50) | トップページ | TO THE NEW WORLD   新しい世界を! »

2012年3月16日 (金)

外国人のための医療相談会

去る3月11日、寒い日曜日に、群馬県の高崎教会で「外国人のための医療相談会」というのがあって行ってきました。

Dscn2765_2

主催者のN氏からたつての願い(?)で, 通訳を買って出てくれたベトナム人のTさん夫妻と一緒に参加したのです。

東京の気温が3度で、高崎の気温が1度でした。10時から3時まで、教会のホールのようなところをお借りして、診察室も3室。ということは3人のドクターも参加なさっていたことです。採血する場所には看護師さんも待機。そして、そのほかに、各国語の通訳がうろうろして(!)、必要な利用者さんのお手伝いをしていました。

私は、最初何ができるのか皆目見当がつかず、3時まで時間を持て余すんじゃないかと心配していましたが、そんなことはありませんでした。

日本人の利用者もいました。会のメンバーが路上生活者の方々にも知らせたんだそうです。今回はフィリピン人、ベトナム人が多かったようです。

Dscn2766

日本人だったら路上生活者、外国人だったら、さまざまな理由で一般の医療機関で健康診断を受けられない、あるいは受けにくい人たちのための無料医療相談です。

たしかに、一人の利用者さんは「病院へは行きにくかったので、この案内は助かった」と言ってました。

昨日、Nさんから以下のようなメールをいただきました。

『先日はお疲れ様でした。シスターには、一度見ていただこうと思っていたことがかないましてありがたいことです。

 

賛同者というか理解者を増やすことは本当に大変です。Tご夫妻も一生懸命にかかわっていただき心強く思いました。

 

各々が働ける場所を見つけて有効に働くことは嬉しい限りです。なぜなら私たちのメンバーは特に優秀な人を育てているのではありません。

 

最近少し理解していることですが、一人ひとりが、働ける場所を見つけ働いているのです。そういう意味で、各々が働きやすいように互いに気を使っているのだと思います。

 

 

次年度は、6月:太田;9月:宇都宮;11月:茨城;3月:高崎 4回の予定です。

 

各地域でボランティアを集めてやりくりしながら行っていこうと思っています。

 

地域のボランティア、参加者の情報があればお知らせください、感謝のうちに』

というものでした。

ボランティア一人ひとりの善意と行動力によって成り立っているこの「外国人のための医療相談会」ですが、毎回何人かの外国人には病気が見つかっています。貢献しているのですね。

今回は、40人が受診したとのことです。

レントゲン車、婦人科検診のための専用車もきていました。

とても貴重な体験ができた素晴らしい日曜日でした。

Line_1

« 『わたしだ。恐れることはない。』(マルコ6・50) | トップページ | TO THE NEW WORLD   新しい世界を! »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 『わたしだ。恐れることはない。』(マルコ6・50) | トップページ | TO THE NEW WORLD   新しい世界を! »