« なんとなく友達 | トップページ | フェイスブック と ブログ »

2014年9月28日 (日)

コスモスの花

私は、父の晩年まで父がそれほどコスモスの花を愛していたことを知りませんでした。

画家の父親を持った父は、畑違いの道を歩いていましたが、スケッチブックをいつも持って歩いていました。

父が亡くなってから父のスケッチブックを見たことがありますが、完成された絵というのは少なく、対象物の部分を描いたものが多かったように思います。

スケッチブックの彩色に使われていたのは、大概が水彩絵具かパステル、または色鉛筆だったように思います。


1枚だけ、特別に覚えているのは「花瓶にいけられたコスモスの花」の油絵です。

父にしては珍しく油絵です。

私がまだ家にいた頃は、あるときは応接間に、あるときは玄関に、その小ぶりの油絵のコスモスの花が飾ってありました。今、原画は、長姉のところにあります。

時々その絵を見る機会がありますが、そのたびに私たち兄弟姉妹は、「お世辞抜きに素人にしてはよく描けているね」と言い合っています。

この季節、方々でコスモスにまつわる色々なイベントが繰り広げられ、また、大自然の中で色鮮やかに咲いているコスモスを見ると、あの「コスモスの油絵」と父を思い出します。

Photo

« なんとなく友達 | トップページ | フェイスブック と ブログ »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« なんとなく友達 | トップページ | フェイスブック と ブログ »