« 不思議な、素敵なクリスマス | トップページ

2024年2月27日 (火)

年寄りの気晴らしに

今朝、私と並んで歩いていた青年が落ちていた1枚の紙きれを拾いました。彼はその紙きれを一瞥すると、私に渡してさっさと前を歩き出しました。私は、わたされた紙きれを見る、というか読むために立ち止まらなければなりませんでした。他の歩行者の迷惑にならないように、比較的客の少ない店の軒先に立ち止まって、先ほどの紙切れをひろげました。

それは別に、私にあてた手紙でもなければ、伝言のようでもなければ、何かを依頼するためのメモのようでもなさそうでした。

紙に大きな字で {もし、あなたが自分は年寄りだと思っているら、ここに書いてあることは、あなたのために気晴らしになるでしょう}と書いてあるのが気になりました。紙をひろげて読もうとしている私は、《やっぱり私は年寄り》だと思ってるんだ、と少々苦々しく感じながらもう一度その紙を見ながら、ゆっくりとひろげました。

紙の大きさは、”B5” 版”を、もうちょっと正方形にしたような変形です。そして、そこに「透かし」で何匹かの鹿が浮いて見えているのが私の気を引きました。

 

最初に目に入ったことば:「歳をとってくるか、目がかすみ、耳が遠くなりますが、以前よりも人生がよく見えるようになります。肉眼では見えないものが見え、素耳では聞こえないものもあるのです。」

 

目が見えないほど見えることってない、何だか逆説的な言い方ですけど本当だと思いませんか? 経験がありませんか?

私はそんなに長い期間ではありませんでしたし、何回も経験したことがあるわけではありませんが、目が見えなくなると、確かに(触ること、歩くこと集中してくるのを感じます。すると、不思議なことに「今」聞こえている音とか声に色が付き、時には形もかんじられます。

東京近郊の畑がまだたくさん残っているところで、畑仕事をしている女性と手を握り合ったことがあります。第一印象は「ちょっとごわっ」とした感触を自分の手に感じながらも相手の女性の手の[皮膚の]内側に流れている血の温かさがその「ちょっとごわっ」とした手から伝わってきたとき、私は感じました。この人は心の温かい人だなって。

その人の顔はわかりません。でも、見えた気がします。顔は、きっと日焼けしていると思いますが、柔らかい皮膚を感じさせたし、自分の周りを見回すその眼はやさしさ映し出しています。この人と出会って挨拶する人は誰でも、すれちがった後きっと気持ちが良くなったのではないでしょうか。

私は、幸いにも "畑で出会った女性" のようなタイプの友人に恵まれています。彼女たちは、要らないものはもう見ない、聞かない。今までの人生で出会った美しいものを思い出しています。今までの生涯の中に埋もれてしまった美しいことを眺めているのです。そうすれば、力がなくなり、目がかすみ、耳が遠くなり、歩くのも難しくなって、よく考えることもできなくなっても、”だから、私はおしまいだ”とは思いません。

ですから、私もこの友人たちと一緒に希望を持つ力を頂いて、神さまの慈しみを味わっています。

 

« 不思議な、素敵なクリスマス | トップページ

社会・生活」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 不思議な、素敵なクリスマス | トップページ